2018年10月01日

fhd_clown.mid

ファイターズヒストリーダイナマイト「クラウンのテーマ」追加しました。

カルノフVSクラウン.png
初めてこのゲームをプレーしたのは相当小さいころでもう記憶があやふやなんですが、
たぶんクラウンが使えたと思うのでFHDなんだと思います…
「仮面とカードでミステリアスでかっこいい!」とクラウンを気に入ったのですが、
フタを開けてみたらこれ↓ですからね…
fhd_crown_ed(0).png
キャラ設定…趣味:美少年をナンパすること
まあ当時の自分は技コマンドを波動拳しか知らなかったので
タメ技主体のクラウンではパンチ・キックだけしかできなかったし
とてもクリアできないのでエンディングを知ったのは近年ですが。

・曲について
微妙にハネています。

あとこれはこの曲に限らずFHDの曲全般なんですが、
不思議な音響効果というかなんていうんだろう、
まあとにかく全体的に少し聞き取りづらいです。
ただみんな曲が短いしリズムパートはほとんど繰り返しなのでなんとかなるって感じ。
生ギターをサンプリングしちゃってる前作と違って、
いかにもなゲーム機音なので音自体はハッキリしているし。

・打ち込みについて
いつものとおり。制作所要時間は180分ほど。
ちょっとハネさせすぎたかな?
低いシンセに多少手間取りましたが、ピッチを上げまくってなんとか。
シンセを音の高さ等でわけて7トラック。
シンセにかけた疑似エコーが、いまいちねー、しっくりこないというか…
このへんの調整はまだまだ知識・経験不足ですね…

以前追加したけど特に何も書かなかった「カルノフのテーマ」も。

・曲について
格ゲーのボス曲にしては非常に珍しい、明るいというか前向きというかな曲。
そのボスというのが過去デコが出したアクションゲーム「カルノフ」の主人公で、
今作では特に悪人というわけでもなくただ強い人を求めているだけですからね。
その「カルノフ」のメインテーマのアレンジだそうです。
このゲームは名前しか知らなかったのでつい最近プレー動画を観たのですが、
まさにこのメロディで感動しました。

・打ち込みについて
イントロのブラスの最後の部分で少し苦戦しましたが、あとは簡単でした。
制作所要時間は100分ほど。
ただ正直スネアの連打のリズムはカンというか自分で勝手に解釈しています…。

ゲームについてもっと語りたいと思ったんですが、
長くなりそうでめんどくさくなったのでおしまい。
posted by dokidoki.soudesune.netの管理人 at 06:35| Comment(0) | MIDI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください